矢野マミ

両親からは別の名前を授かりましたが本稿を執筆するにあたり「マミ」と名乗ります。ヒロミさんとは、SNSで「漱石の夢とトラウマ」の本の紹介にイイネつけたのがご縁でメッセージをいただきZoomや面談でお世話になっています。「小説家になりたい!」という野望(?)を叶えるためにこの場をお借りします!

  • マミのA4一枚、こころのデトックス (2)
    矢野マミ 4.死ぬ瞬間  友人からメールが来たので、彼女の了解を得て紹介する。 「先日、母が亡くなりました。入院して、すぐには会えなくて(今はまだ一般病棟でも面会が制限されているから)1週間くらいしてから洗濯物を交換に行 […]
  • マミのA4一枚、こころのデトックス (1)
    矢野マミ  夢には寝ている時に見る夢と、起きているときに観る夢がある。起きている時に観る夢は、頭の後ろのスクリーンに映し出される映画のようだ。そして、映画が映し出される前にシナリオが降りてくる。頭の後ろにシナリオが浮かぶ […]
  • 小説『思い出』
    矢野マミ  若い頃のほんの一時期、都内で教員をしていたことがある。都内と言ってもまだまだ田畑の残る地方都市の趣のある街だった。 男子が9割を占める工業高校で、私は国語の教員として勤めていた。  いつものように仕事を終えて […]
  • ~ご挨拶~
    矢野マミ 「書きたい!」「書きたい!」 セッションではなく、往復書簡で人生相談をしたいです~と書き続けていたら、ヒロミさんがこのような場「まどか通信フェニックス」を用意してくださいました。 モノは言いようですね。 『A4 […]