まどろむ海月(西武 晶)

岐阜県関市出身。都立高校教諭を退職後、現在は私立高や県立高で非常勤講師。

作品は、「夏の楽譜」以外では、「猫たちの肖像画」(作画:彩也香 M)を 2022年3月26日 町田 まほろ座 で <絵と朗読と音で語る>朗読楽劇(作曲&ピアノ:shezoo、朗読&歌:石川真奈美、チェロ:平山織江、アコーディオン:藤野由佳)として上演、大成功させた。

その他の過去作品の大半は以下の「まどろむ石」のHPで公表:http://www12.plala.or.jp/abon/

  • 詩画集『春の頂 から』
    透明な道で すれちがった時 ささやいたのは 君だったのか… 「幸せの頂を見るのが 春の役目だ。」と   長い旅姿のままの 私の冬(かなしみ)よ まどろむ海月 水面の きらめきが 遠くから 広がった 扇 […]
  • 詩画集『夏の楽譜』
    まどろむ海月・詩、田中義之・イラスト Ⅰ 誰が投げたか 空の底に小石が一つ 果てのない青い花の野に 生まれたばかり白の風紋は旅立つ それは水溜りに揺れる夏の楽譜  硝子のまぶたに透ける午後 昼の月は淡く微笑む 飛ばした紙 […]