原田広美

原田広美

新刊小説『ファム ファタル』南清璽 についての、書評的なエッセイ

原田広美 まろやかな筆致にして鋭利な心理描写を取り入れた本格文芸小説  南さんの初刊行小説『ファム ファタル』。今のアニメ風の表紙絵もいいが、最初のものもなかなかよかったので、上に掲載させてもらいました。  南さんの筆致は非常にまろやかであ...
原田広美

*『夢十夜』で漱石を癒す(第五夜~第十夜)

原田広美 *第五夜「こんな夢を見た。/何(なん)でもよほど古い事で、神代(かみよ)に近い昔と思われるが、自分が軍(いくさ)をして運悪く敗北(まけ)たために、生擒(いけどり)になって、敵の大将の前に引き据えられた。......」  夢の中の自...
原田広美

『夢十夜』で漱石を癒す(3)

原田広美 *第四夜  「広い土間の真中(まんなか)に涼(すず)み台のようなものを据えて、その周囲(まわり)に小さい床几(しようぎ)が並べてある。台は黒光に光っている。片隅には四角な膳(ぜん)を前に置いて爺(じい)さんが一人で酒を飲んでいる。...
原田広美

『夢十夜』で漱石を癒す(2)

原田広美 *第二夜  「こんな夢を見た。/侍(さむらい)なら悟れぬはずはなかろう。/そう何日(いつ)までも悟れぬところを以(もつ)て見ると、御前(おまえ)は侍ではあるまい。人間の屑(くず)じゃ。/口惜(くや)しければ悟った証拠(しようこ)を...
原田広美

『夢十夜』で漱石を癒す(1)

原田広美 (序)明治四十一年、漱石は高浜虚子宛の手紙に「小生『夢十夜』と題して夢をいくつもかいて見ようと存候」と書いた。英国留学から帰国し、『吾輩は猫である』『草枕』が話題となり、明治四十年には「朝日新聞社」社員として作家となり、『虞美人草...
原田広美

幸せになるためのアファメーション・ノート(その5)

原田広美 ◎幸せになるための条件なんてありません、幸せになるための考え方があるだけなのです。(バカボンのパパのように..) 〈これまでの復習から/後半は、兄弟姉妹について〉 私の人生に罪悪感は、いりません。 罪悪感を私に植え付けた・教えた人...
原田広美

『漱石の〈夢とトラウマ〉』はじめに(後半)

原田広美  だが二ーチェが、それまで「教会」に束縛されてきた「肉体」――たとえば教会では伝統的に歌唱は許されたが、舞踊は許されず、マリアの処女懐胎によるイエスの出現が説かれたように、「肉体」は封じ込められてきた――にこそ、キリスト教の教えを...
エッセイ

幸せになるためのアファメーション・ノート(その4)

原田広美 ◎幸せになるための条件なんてありません、幸せになるための考え方があるだけなのです。(バカボンのパパのように..) 私は、人々の成功を喜びます。なぜなら、私も成功が好きだから。 私は、人々の成功を喜びます。 私は、人々の成功を受け入...
原田広美

『漱石の〈夢とトラウマ〉』はじめに(前半)

原田広美  「弱者」としての自分を、自分に内在するトラウマを「夢の生成」と「冒険心」をもって癒そうとするすべての人々に本書を捧げます。 —また、そうした姿勢を最期まで貫こうとした作家・漱石へ。  あるいは「精神(神経衰弱)」および「肉体(胃...
エッセイ

幸せになるためのアファメーション・ノート(その3)

原田広美   ◎幸せになるための条件なんてありません、幸せになるための考え方があるだけなのです。(バカボンのパパのように..) 誰もが(どんな生命体も)、完璧ではないんです。 だから完璧でなくていいんです。 完璧でない方が、自然です。 完璧...